" />

blog

自転車の漕ぎ方で変わる、ママチャリでも痩せられる、良い姿勢もてにいれましょう。

痩せたい、運動不足と悩んでいる人は多い。

手軽にはじめられる方法を教えます。

自転車の漕ぎ方を意識するだけでよいのです。家にあるママチャリでも出来ます。

ダイエット、自転車通勤していて、なかなか痩せない人も乗り方を変えてみましょう。

美しいふくろはぎが手にはいります、姿勢もよくなります。

 

目次

自転車を漕ぐ時の足を意識

効果を増す方法、サドルの高さ

自転車に乗っている時間

自転車を漕ぐ時の足を意識

自転車のギア、クルクル回す

まとめ

 

自転車を漕ぐ時の足を意識

足の親指、つま先の付け根あたりを意識して漕ぐ

だけでよいのです。

力が一点にむく感覚になります。

がに股がまっすぐ下になります。

股関節の動きが変わります。

クルクル回す意識が出てきます。

自然と姿勢もよくなります。

 

効果を増す方法、サドルの高さ

サドルの高さ

つま先が地面に付くギリギリの高さ

理想はペダルが真下に来た時に膝が少し曲がるぐらいが良い

止まるときに危険なので、つま先が付く程度にしてください。

大腿二頭筋やふくらはぎの腓腹筋の裏側が鍛えられます。

美しいふくろはぎ、後ろ姿に近づきます。

自転車に乗っている時間

有酸素運動は20分以上経つと脂肪が燃焼を

はじめます。

効果的な時間は30分から1時間を目安に

乗りましょう

はじめは20分からスタートして徐々に慣れましょう。

30分は約5kmの距離になります。

通勤時間が短い場合は帰りに遠回りして

景色を見て

リフレッシュもおすすめです。

好きな時間に行えます。

 

自転車のギア、クルクル回す

軽いギアで回しましょう。

クルクル回しましょう。

回転を意識してください。

1秒間に1回転これが効果的なんです。

重いギアで回すと無酸素運動になります。

足を細くが太くなります。

 

まとめ

自転車のダイエットについて話してきました。

足の親指、つま先の付け根を意識して漕ぐ、

母指球と言います。

クルクル回してまっすぐな姿勢

サドルの高さで、美しいふくろはぎ、後ろ姿

乗っている時間で、脂肪を燃焼、

ダイエット効果

好きな時間で、好きな場所に行って気分もリフレッシュできます。

1時間あたりの消費カロリーは200~500kcalと同じ時間ならウォーキングより効果的

自転車ダイエットを始めてみませんか?

 

この記事を書いた人は、こんな人です。

自転車競技を学生時代していました。

プロも目指して活動していました。

今も自転車通勤11.6kmしています。

いかに早く効率的にを競輪学校の教官に指導され、自分でも考えて走っていました。

そこから、筋肉の付け方、減らし方などを学び。実践

現在の体重 50kg 体脂肪率10%

 

-blog

© 2020 sho-blog Powered by AFFINGER5